企業法務の主役

一般の大きな企業では企業法務の主役はインハウスローヤーと呼ばれるいわゆる渉外弁護士です。企業に所属する弁護士なので、普段は企業に所属し、債権の回収や企業内の法律的な事務処理に当たっています。この渉外弁護士は企業の代理人として働き、会社内の様々な法務に携わっているのです。特に最近ではコンプライアンスの維持に影響を与えています。コンプライアンスとは企業内の法律遵守を指す言葉で、企業全体だけでなく社員一人ひとりが法律に適合するような企業運営に参画する態度のことを表しています。このコンプライアンスを適正に維持することは企業法務では非常に重要な意味を持っているのです。

企業がコンプライアンスを維持する以上に重要なことは企業が行う法律活動です。この法律活動の中には債権の回収や債務の履行、契約の締結などが含まれていて、企業活動の中核をなすものです。この契約に渉外弁護士などの法律家が同行し、重要な契約の内容などを決定していきます。このように企業法務においてはその内容の専門性の高さから、素人だけでは非常に対応が難しく専門家の手助けがどうしても必要になってくるのです。このために企業内には法律の専門家が求められてきます。

投稿者について

管理人