企業法務の実際

企業法務は様々な法律上の問題を対処しています。この法律の問題は企業間に関わる法律や企業と一般の私人との法律だけでなく、企業と行政との法律も関与してくる非常に複雑なものになっています。このような法律の問題は非常に複雑で単に法学部を出ているだけであったり、行政書士や社会保険労務士などの法律系の資格を取っただけの人にとってはなかなか対処が難しい問題が出てきます。このため、企業法務の実際には法学的な学問的な知識に加えて法律実務として必要な対処が求められてくるのです。このような法律実務を実行するためには法律の専門家である弁護士や司法書士などの法律家の中でも特に企業関連の法律に特化した法律家の存在が必要になってきます。

PICK UP≪アディーレ プラス | 企業法務に強い顧問弁護士ならアディーレ法律事務所

このような企業に特化した法律家の中には企業に所属し、会社内で働いているいわゆるインハウスローヤーという人々がいます。このようなインハウスローヤーは一般の法律家に比べて非常に企業関連の法務に詳しく、企業内の法律問題一般を解決する際にはとても活躍する職種の方です。このインハウスローヤーをいかに味方につけるかで企業内の法律的な問題の対処が大きく変わってくるのです。しかし、このような法律家がどのように活動しているのか、なぜ企業法務に専門家が必要となるのかはあまり広く周知されていません。このページでは企業法務で活躍する法律家の必要性とその役割について詳しく解説をしています。皆様のお役に立てれば幸いです。

投稿者について

管理人