顧問弁護士と企業法務

企業内にインハウスローヤーを雇用し、法務の内容を担保することができるのは大きな大企業や収益率の良い中小企業に一般的に見られることです。しかし、大多数の企業にとっては企業内法務を担当するインハウスローヤーを雇用し続けて企業法務を担当させることは経営上デメリットになることがあります。そこで、企業法務を担当する顧問弁護士を雇用することが必要になるのです。

顧問弁護士はインハウスローヤーと異なり、企業法務の内容を企業の外からサポートをする役割を持っています。このため、普段は多数の企業の顧問を継続しながら企業法務に関与する様々な役割を果たしているのです。例えば、企業内の法律関連の教育などが挙げられます。企業法務の遂行において、企業内部の法律関連の問題にふれる事がないように様々な教育を行う必要があります。例えば契約の時にどのような内容を確認しなければならないのか、手形の取り扱いはどのように行う必要があるのか、債権の回収を行う際にはどのような手順を踏む事が必要なのかといった法律上の問題解決に顧問弁護士が活躍します。

このように企業の中で企業法務は様々な職種に支えられて活動を行っています。企業の適正運営のためにも企業法務を重要視する必要があるのです。

投稿者について

管理人