顧問弁護士と企業法務

企業内にインハウスローヤーを雇用し、法務の内容を担保することができるのは大きな大企業や収益率の良い中小企業に一般的に見られることです。しかし、大多数の企業にとっては企業内法務を担当するインハウスローヤーを雇用し続けて企業法務を担当させることは経営上デメリットになることがあります。そこで、企業法務を担当する顧問弁護士を雇用することが必要になるのです。

顧問弁護士はインハウスローヤーと異なり、企業法務の内容を企業の外からサポートをする役割を持っています。このため、普段は多数の企業の顧問を継続しながら企業法務に関与する様々な役割を果たしているのです。例えば、企業内の法律関連の教育などが挙げられます。企業法務の遂行において、企業内部の法律関連の問題にふれる事がないように様々な教育を行う必要があります。例えば契約の時にどのような内容を確認しなければならないのか、手形の取り扱いはどのように行う必要があるのか、債権の回収を行う際にはどのような手順を踏む事が必要なのかといった法律上の問題解決に顧問弁護士が活躍します。

このように企業の中で企業法務は様々な職種に支えられて活動を行っています。企業の適正運営のためにも企業法務を重要視する必要があるのです。

企業法務の主役

一般の大きな企業では企業法務の主役はインハウスローヤーと呼ばれるいわゆる渉外弁護士です。企業に所属する弁護士なので、普段は企業に所属し、債権の回収や企業内の法律的な事務処理に当たっています。この渉外弁護士は企業の代理人として働き、会社内の様々な法務に携わっているのです。特に最近ではコンプライアンスの維持に影響を与えています。コンプライアンスとは企業内の法律遵守を指す言葉で、企業全体だけでなく社員一人ひとりが法律に適合するような企業運営に参画する態度のことを表しています。このコンプライアンスを適正に維持することは企業法務では非常に重要な意味を持っているのです。

企業がコンプライアンスを維持する以上に重要なことは企業が行う法律活動です。この法律活動の中には債権の回収や債務の履行、契約の締結などが含まれていて、企業活動の中核をなすものです。この契約に渉外弁護士などの法律家が同行し、重要な契約の内容などを決定していきます。このように企業法務においてはその内容の専門性の高さから、素人だけでは非常に対応が難しく専門家の手助けがどうしても必要になってくるのです。このために企業内には法律の専門家が求められてきます。

企業法務の実際

企業法務は様々な法律上の問題を対処しています。この法律の問題は企業間に関わる法律や企業と一般の私人との法律だけでなく、企業と行政との法律も関与してくる非常に複雑なものになっています。このような法律の問題は非常に複雑で単に法学部を出ているだけであったり、行政書士や社会保険労務士などの法律系の資格を取っただけの人にとってはなかなか対処が難しい問題が出てきます。このため、企業法務の実際には法学的な学問的な知識に加えて法律実務として必要な対処が求められてくるのです。このような法律実務を実行するためには法律の専門家である弁護士や司法書士などの法律家の中でも特に企業関連の法律に特化した法律家の存在が必要になってきます。

PICK UP≪アディーレ プラス | 企業法務に強い顧問弁護士ならアディーレ法律事務所

このような企業に特化した法律家の中には企業に所属し、会社内で働いているいわゆるインハウスローヤーという人々がいます。このようなインハウスローヤーは一般の法律家に比べて非常に企業関連の法務に詳しく、企業内の法律問題一般を解決する際にはとても活躍する職種の方です。このインハウスローヤーをいかに味方につけるかで企業内の法律的な問題の対処が大きく変わってくるのです。しかし、このような法律家がどのように活動しているのか、なぜ企業法務に専門家が必要となるのかはあまり広く周知されていません。このページでは企業法務で活躍する法律家の必要性とその役割について詳しく解説をしています。皆様のお役に立てれば幸いです。